BLOG

2015.08.29 /

キッチンという感性「キッチンハウス編」1/3

2014年10月に浄水通りから空港のそばに移転した「キッチンハウス福岡店」へスタッフ一同で見学してきました。設計は数々の世界的建築賞を受賞している窪田建築アトリエの窪田勝文先生。

Img_6654

シンボリックに丘の上に佇む彫刻のような建築。曲線の壁面ライン、中庭から抜ける天窓、ガラスの大開口。そして、モニュメンタルナ外観からは考えられないような、けっして建築が主張することなく、土地と空の間に自然と調和した内観。海外の美術館に訪れた時のような感動的な空間体験でした!そしてこのような空間に相応しい彫刻のようなクールなオーダーキッチンやセミオーダーキッチンが数多く展示されております。

Img_6677

Img_6684

もともと日本の民家や町屋などでは、台所は北側の土間空間に釜戸など配置された「ケ」の場所に設置されることが定番でありました。時とともに、北側がから離れ、壁から離れ、土から離れ、家の中心へと移動していきました。そしてある一部のキッチンは、ソファやでダイニングテーブルと同等のものになり、機能性の高い料理を行う(こともできる)家具としての進化を遂げてきました。

500_25806817

言うまでもなく、キッチンは設備であり、収納でもあり、究極的には道具の延長線上の存在と捉えるなら、上質なプロダクトデザインが施される対象として相応しい。それはまるで彫刻のようなメイドイン ジャーマニーの包丁のように。建築家は、使い勝手の良さのみならず、使われていない時の佇まいまで丁寧にデザインを施す必要があるんだと真摯な気持ちになりました。

Img_6663

学生時代に洋食屋さんの厨房で3年ほどバイトしていたおかげで、まあまあ料理ができるようになったのですが、やはりキッチンが良いとモチベーションも上がります。

リノベ協議会7月度INヒナタ松山会長!cooking!start!!やっぱりガスにはかなわない…IH…

Posted by リノベーション住宅推進協議会九州部会 on 2015年7月21日

これらのオーダーキッチンに欠かせない輸入ビルトインコンロのネタを、次回から2週にわたってお届けします!乞うご期待。次回は定番ドイツメーカー「Miele/ミーレ編」です!

Img_6667


キッチンハウス福岡店
〒812-0853 福岡県福岡市博多区東平尾 2-16-8
Tel. 092-627-3600Fax. 092-627-3601
営業時間:10:00 – 18:00
定休日:水曜日(祝祭日は営業しております。)

Img_6706

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...