BLOG

2011.07.26 /

DIY教室の理由

 自分の中で「家」とはなんなんだ?というのが常に頭の中にあります。  技術者としては、学生時代から建築を勉強し、会社員として修行を積んで、独立。また、一人の生活者としては、普通に賃貸物件に住み35才で「中古マンション+リノベーション」という住まい方に行き着きました。賃貸物件のフラストレーションを感じながらも、結構な数の引越を繰り返すなかで、家賃の勿体無さを30代半ばで気付いた訳です。賃貸物件で自分のお気に入りの空間にするには、ある程度の覚悟が要ります。特に敷金!壁を塗ったり、壁に棚を設置したりすると、確実にペナルティの覚悟が必要なんですね。でも、自分の家なら気にする必要がありません。ということで、僕らは、家賃並みのコストで住まいの提供を「中古マンション+リノベーション」という手段で行うことを始めました。 そして、最近は、ず〜っとリノベーションをやってきて、更にお客様の願いは何なんだろうと、考えると、 「住まいが趣味になる」という考え方に至りました。 自分が、一人の生活者として賃貸物件の時に行ってた「自分が心地いい空間を作ることは、楽しい」という原点に立ち返ったんです。もちろん、僕らはリノベ屋さんなので、いろいろ工事の発注を頂くのは(経営的には)有り難いんですが。これだけネットショッピングの発達やDIYショップの充実により、誰もが家づくりに積極的に関われるようになりました。だったら、作り方やパーツの選び方等の僕らの「ノウハウ」だけを提供するのもサービスになる時代が来たと考えます。 1 そんな理由で始めた「DIY教室」。これはみんながセルフリノベの時に役立つノウハウをリノベエステイトの施工スタッフと一緒に体験するプログラムです。珪藻土の塗り壁、黒板塗料など、僕らが使うマテリアルを皆様に自由に家族で楽しんで頂きたいと思います。ライフステージによりインテリアは変わって行ったとしても子供達と一緒にDIYすると「想いで」は永遠に残ります。 もちろん、コストダウンにもなります! 2 お陰さまで、西日本新聞様にも、僕らの考えに共感頂き、連動した形で毎月コラムを書かさせて頂いております。感謝! 大人になった今日この頃、時には童心に帰って思いっきりペンキで 「手を汚しましょう!」

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...