BLOG

2013.03.22 /

壁というキャンバス

日本中の人々に平等に、毎年毎年春はやって来ます。
 
引越や模様替えをしたくなる季節です。
 
そこでちょっと強引ですが、壁面の模様替えの提案です。
 

Img_2988_2

先日、四十を超えたオジさん(僕含む)二人で、唐津に小旅行に行ってきました。
 
そこで出会った最高の場末の小料理屋の壁面です。
 
ヤフーのトップ頁に匹敵する壁面の情報化!
 
右端にはスーパードライの癒される水着ポスター。
 
この写真だけで、一本ブログが書けるレベルの突っ込みどころ満載な写真です。
 
八代亜紀の演歌に出てきそうなこの空間。
 
男はこの壁面に癒されることもあるんです。
 
Img_3036
 
さて、そんな僕の書斎の壁面。
 
友達のカメラマンやイラストレーターの作品や
 
お気に入りのイベントのフライヤーとかを無造作に貼ってます。
 
唐津の小料理屋と全く同じに見えてきました。
 
自分が心地イイと感じる空間がその人に取っての正解の空間。
 
雑誌や専門誌に惑わされる必要なんてありません。
 
壁面をカスタマイズするだけでもガラッと印象が変わるものです。
 
Img_2914
 
とこれだけの情報だと、リノベーションのブログとしては、
 
怒られちゃいそうなんで、壁面カスタマイズのテクニックをご紹介。
 
重いものでも自由に吊り下げることが出来る、
 
ピクチャーレールという製品があります。
 
よく、美術館とかギャラリーの壁面の上部に設置されてます。
 
Img_2908
 
実はこれ、ホームセンターにも売ってます。
 
そして、自分で簡単にドライバーさえあれば設置可能です。
 
ワイヤーが見えないように釣り糸で吊るせば、
 
まあ、なんてコトでしょう!家がギャラリーのようになるんです。
 
Img_2909
 
あとは、何を吊るすかだけです。
 
奇麗な額に入れると、普通の写真もなんだかアートのようになるものです。
 
もちろん、素晴らしいアートもイケてないフレームに入れると、
 
逆の現象が起こりますのでご注意下さい。
 
 
ちなみにこの唐津駅前のお店は何故か「呼子」といいます。
 
カラオケも充実していてゾロ目が出ると後ろの景品がもらえます。
 
青春の思い出に旅行で唐津に行った際は、青春時代を唄ってください!

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...