BLOG

2007.06.04 /

台湾もブレードランナー化してます

6月3日(日)に台湾から戻ってきました。
台湾は、「暑い」です。
おもいっきり夏でした。
ちょっと動くだけでぐったりきます。
でも、そんな中でダイナミックに街は動いてます。

やっぱり、アジア人のパワーは凄いです。
ロハスとかとは、まったくかけ離れた世界です。
物価もそんなに変わらないのは、
単に日本円に力が無くなったことですかねえ〜。

北京・上海・台湾といったアジアのメガストラクチャーは、
現在、世界の頭脳が集結して創られてます。
でも、周辺は古い建物もたっぷりあって、混沌としてます。
ブレードランナーの世界が本当のものになってます。
話は飛びますが、フィリップkディックという作家は凄いですねえ。


写真>台北101タワー
http://www.neox.to/taipei101/
台北101とは、台北国際金融センターで、台湾の台北市信義区にある超高層ビルのことです。高さ508メートルで地上101階の高層ビルです。このビルは7年間の工期を経て、2004の秋に世界一の超高層建築物として竣工したそうです。設計は李祖原建築事務所、施工は熊谷組を中心としたJVにより行われ、地震や台風の多い台湾だけに、防震対策や暴風対策に力をいれた設計になっているそうです。

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...