BLOG

2008.04.08 /

現地調査

まだ、ガスストーブをしまっておりませんが、

花見は特にしておりませんが、

新入社員はおりませんが、

とっても「春」です。

清少納言もきっと朝まで酒を飲みつづけ、うつろに

やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる

と詠んだにちがいない。







春になって、新たなお客様の現地調査が増えてきた。

ありがとうございます。うれしいですねえ。




さて、現地調査の時には、プロフェッショナルしての視点と

純粋な生活者としての視点の両方が重要です。

偏ることなくバランスよく使いこなさないと、

いい家にならない。

お客様の価値観、既存空間の広がり、時間軸等、

いろんな要素を読み解いていく。

できるだけ、先入観や思い込みを捨てて、

純粋な気持ちでそこに立って、

よりどころとなる何かを見つけていく。

とっても大切な瞬間です。



ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...