BLOG

2009.04.03 /

立花町 古民家リノベ 06

この現場も社内チェックを終えて、ほぼ完成です。

でも、愛着のある現場なので、ちょっと寂しくなります。。。。。

地元の建材を使うことにより、地域に根ざした建築となるのですが、

八女エリアは、長い歴史を持った仏壇産業があります。

また、八女手すき和紙もいいものがあります。

今回は、階段室の一部にアクセントとして、

べんがら色の手すき和紙を使用しました。

Photo_2

また、盆提灯の房を利用したシャンデリアも明日は展示しますよ。

まだ、プロダクトデザイナーの坂下君と試行錯誤を繰り返して、

なんとか完成させたプロトタイプですが、きっとこの場所にマッチするでしょう。

Photo

きっと明日は、ポカポカです。桜はまだ大丈夫です。

明日のオープンルームでお待ちしてます。

お時間ある方は、お花見兼ねてお越しくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月4日(土)

「白桃が咲く家」

オープンハウス決定!

100年もの間大切に受け継がれ住まわれ続けてきた家に、
新しい息吹きが加わります。
四季を感じる自然豊かな高台で、明るく開放的にうまれ変わった
リノベーション空間をおご覧ください。

■場所:福岡県八女郡立花町大字山崎715
     
マップはこちら

■日時:4月4日(土)11:00~18:00
■お問合せ:アポロ計画リノベエステイト
       (担当/安森 tel.090-4589-1966)

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...