BLOG

2009.08.01 /

ハマのフレンチ 工事中05

Photo
サイズと位置の確認でカラーコピーで出力した看板イメージを掲げてみた。
前のお店のママさんから声をかけられたり、
チャリンコに乗ったご近所の方が覗き込んだり、
今まで単なる工事現場だった場所が、
急に人格が生まれたような気がする。
Photo_2
ここは、池田オーナーにとっては人生初の自分の店。
人生初の不安と同居した希望とふわふわした夢とまあまあの借金。
ここで、池田オーナーはきっとおいしい食事をつくるだろう。
そしてお客様は彼の愛嬌ある人柄と料理を満足して頂けるだろう。
ちょっと解りにくい言い回しかもしれないけど、
「料理」と「サービス」が融合して「食事」となる。
レストランの商品は決して料理だけでなく「食事」だと思う。
その「食事」という商品の中には
「空間」も大切な要素となることは間違いない。
大きな責任を心地よく感じながら、
(限られた時間と予算を頼もしい味方につけながら)
今を満足せず最後の最後まで更なる最高を模索します。
オーナーのために、そして自分のために
いい仕事がしたい。それだけです。
と書いたところで読み返すとなんか恥ずかしい文章を書いています。
でも、消すのもどうかと思うので、一応アップします。
たぶん10年前に会社を始めた頃の自分に
オーバーラップさせているんでしょうね。
夢を持った人のお手伝いをするとついついこうなっちゃいます!
志を共有させていただき「同志」として信頼を頂き、
仕事させてもらうのは、最高の幸せです。
夢を持った人は大好きです。

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...