BLOG

2010.02.19 /

お好焼屋 in モスクワ03

福岡は寒い!と泣き言をいってますが、
モスクワはもっと寒いようです。
モスクワのお好み焼き屋のプロデュース真っ最中ですが、
なかなか店舗物件が見つからないようです。
店舗の繁盛にとっては「ロケーション」はとっても重要です。
せっぱ詰まって、「あ〜っ、どうしよう〜っ」となったとき、
じっと目を閉じ、まだ見ぬ「お好み焼き、ハラショ〜!」
と言ってくれるお客様を想像し、熱い想いをもって探していると、
物件の神様が降りてきて、「ピピッ!」とくる物件がきっと見つかります。
と、僕は、遠い福岡から祈ってます。

そんなこんなで、店舗デザインはペンディングとなってますが、
店名とロゴマークが着々と完成に向けて進んでおります。

Photo

日本だと「おいおい!粉モノをそこまでいう!」と
お叱りをうけると思いますが、外国だから許されるということで、
「東京ナチュラルフード」
という大胆なコンセプトにしました。
でも、お好み焼きって、日本だとB級グルメの代名詞のようになってますが、
実は、野菜もたっぷり入って、ローカロリーなんです。
しかも厨房での料理人のアクションは、とってもエンターテイメント。
きっと、モスクワなら「あり」でしょう。

ネーミングは、日本語、英語、ロシア語と、100案くらい考えて、
エコノミーなジャパニーズフード=お好み焼き、ということで、
「オコノミー」
という、だじゃれ英語に決まりました。
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
※ちなみに落選案の一つ。
ロシア人に「オコノミヤキダイスキー!」と言わせようと、
チャイコフスキーもドフトエフスキーもお気に入り
「ダイスキー(大好き)」
バブルの生き残り中山秀征の往年の番組「大好き」の斬新なゆるさを
レスペクトしている僕としてはおすすめの案でした。

<リノベエステイト公式 HP は、こちら>

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...