BLOG

2013.06.22 /

永井敬二さんのガレージセール vol.2

日本を代表する椅子のコレクターが福岡にいるんです。
 
その永井敬二さんのガレージセールが、今週末は開催されてます。
 
僕は不定期で開催されるこのセールに行くたびに衝動買いしてます。
 
そして今回もまた、オフィスに椅子が増えてしまいました。
 
Img_4005
 
僕が行ったときは、なにげにLC1スリングチェアに座り、
 
なんとホカ弁(たぶん唐揚げ弁当)を食べられてました。
 
永井さんのその自然さが、彼のフィロソフィーとして、
 
「椅子は使われてこそ、椅子たり得るんだ」
 
と、若手の僕らに対してメッセージを送ってるんだと、
 
勝手な妄想し、ある確信に辿り着きました。
 
・安物のパイプ椅子で、高級幕の内弁当を食べるカッコ良さ。
 
・ビンテージチェアで、ホカ弁を食べるかっこ良さ。
この相反する行為は同義なんだと。
 
そして僕はまだそこの世界に到達していないと。。。。
 
Img_4007
 
今回購入したのは、剣持勇のダイニングチェア。
 
永井さん曰く
 
「オリジナルは、カラーリングが寂しかったから、
 
僕が特別に座面を黒く塗ってもらったんです。」
 
ということは、これは超レアアイテムではないですか!
 
Img_4010
 
全部ウッド色の仕上げだと、工芸チックになりますが、
 
確かに黒が入ることにより、ぐっとモダンなイメージになります。
 
僕の普段あまりはたらかない物欲が、僕にこういいました。
 
「今でしょ!」と。
 
Img_4011
 
この黒いオフィスチェアーも実は剣持勇のデザイン。
 
弊社では、アルバイトさん用として無下に使われてますが、
 
若い人が本物に触れて貰えるいい機会と思ってます。
 
そういう訳で、剣持勇の椅子はこれで二脚目になりました。
 
Img_4001
 
剣持勇は柳宗里と同年代に活躍したデザイナーでして、
 
ヤクルトの容器等も彼の作品です。
 
柳宗里の陰に隠れて、いまいち認知度は低いのですが、
 
僕は何故か彼の仕事にひかれてます。
 
家具や雑貨は、最終的には、好き嫌いの問題です。
 
自分が気持ちがいいと思うものを長く使う。
 
長く使いたいと思えるモノに囲まれて生活をする。
 
デザインは、人生を豊かに感じるための一つ。
 
永井さんのガレージセールで、そんなデザインに触れてみては、
 
如何でしょうか?
 
場所:福岡物産倉庫(福岡市 中央区 那の津 4丁目 3-13)
Img_4039
 
永井さんの娘達に一目惚れするかもしれませんので、
 
ちょっとの現金をもって行くことをお勧めします。
 
僕はお金が足りなくて、恥ずかしながらスタッフに借りました(笑)
 
※過去のブログで「2010/3/9」に
 

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...