BLOG

2009.05.22 /

姪浜の食堂リノベ01

 昨日は朝の3時まで近くまで会社の若手スタッフと飲み会。久しぶりに皆とバカ話で大いに盛り上がり過ぎました。そして今日は朝10時から現地調査!お酒臭いのがばれないように浅めに呼吸をしながらの行なって参りました。人生山有り谷有りです、ってこういうときに使って良い言葉なのかどうかわかりませんが、起業して10年目、いつまでも仕事も遊びも人生もガッツリがんばるリノベエステイトでありたいと思います。

Photo

 さて姪浜商店街の小さな小さな古民家を「洒落たレストラン」に改装するプロジェクトが開始します。オーナーは福岡のフレンチレストランで17年みっちり修行をしての独立です。オーナーにとっては初の自分のお店。開業に当たっては、シェフとしてではなく経営者として様々なことを行なわなくてはなりません。事業計画、資金計画、メニュー開発、ブランディング、そして空間計画等等。でも、気合と根性で立ち向かっていくしかありません。オーナーは僕とほぼ同年代の熱くて愉快なナイスガイ。パティシエの奥様と二人三脚での起業です。僕もこのお店を「流行る店」にするために空間デザイン&ブランディングで、お手伝い&応援させていただきます。

Photo_2

 近年のグルメブームによりお客様の目と舌が肥えてきて、料理が美味しいだけというだけで店が繁盛するほど生易しい時代ではありません。この福岡には、開業して1年持たないお店が山のようにあります。失敗を恐れてはならないし、挑戦した人々には賞賛を送らないとならないですが、現実はほんとに厳しいと僕は思います。(確かな根拠はありませんが、1年持つ店舗って半分も無いのではと、街を見ていて思います。)

 僕も10年前に会社を開いた時は、不安でいっぱいでしたが、それ以上の理由も根拠も無い自信だけで、なんとかはじめたのを昨日の様に思い出します。この会社を成功させないと今まで自分を育ててくれた上司に失礼だよなあ~と勝手な責任を感じつつ今日まで走って参りました。お客様にとっての初めてのお店づくりのお手伝いは、いつも以上に気合が入ります。

 既存古民家のクオリティ、給排水の諸条件、予算、厳しい様々な条件がありますが、知恵と勇気と決断力で、このプロジェクト、必ず成功させます。と、熱いものが込み上げてきます!(当然二日酔いですっ!)

Photo_3

>オーナー様

鶴は千年、亀は万年、長~く、お客様に愛される店にしましょうね。

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...