BLOG

2008.07.25 /

うれしはずかし セミナー講師

いや〜、緊張しましたねえ〜。

普段のセミナーは主にリノベーションをお考えのお客様が対象なんですが、

(といってもそんなに数をこなしているわけではありませんが、)

今回はなんと、なんと、南斗水鳥拳、「不動産業者の皆様」。

とオヤジギャグを言いたくなるほどの責任感を感じました。

100名近くの不動産にプロフェッショナルの皆様の

(聞いてた話では、20〜30名のこじんまりとしたセッティング)

ガンガンくる熱い眼差しにビビリながら

会議室にいっぱいの人々の熱気に頭がくらくらしながら、

なんとかかんとか、ビジネスモデルとしてのリノベーションの位置づけを

笑いも無く、精一杯お話させていただきました。






最後の一番盛りあげないといけない、今回のセミナーで一番言いたかった

「ハート」の結論部分なんですが、

実は会場にマイクが無く、大声で話し続けたため、(←言い訳!)

ヘトヘトになっちゃって、、、、、さらっと流しちゃいました。

大反省!

いまさらここで書いても仕方ないのですが、、、

言いたかったのは、こういうことです。

■成熟した「マチ」を造る。

使い込むほどに本物は「いい味」が出てきます。

これは、人間も街も同じです。「モッタイナイ」という精神で、

スクラップアンドビルドからの脱却、サステイナブルなまちづくりをしましょう!

■日本人の「イエ」を造る。

日本人の白黒はっきりつけないニュートラルな価値観に誇りを持ちたい。

自然や他者との関係を、土間、縁側、坪庭、襖一枚、、、で楽しむ僕ら。

「イエ」はもっと日本人に合わせるべき。

■モイスチャーな「ドキワク」を造る。

朝から流れるワイドショーにはカサついたニュースばかり。

ドキドキ、ワクワクするモノづくりで、人々に潤いを感じていただきたい。

こうあるべきダ!を忘れ去り、自分を信じて「新しいスタンダード」を造る。

お声をおかけいただき、テナントガイド様ありがとうございました。

また、どこかで、リベンジさせてください!





実は、今日が30代最後の日だ!明日から不惑!

今後とも、お手柔らかに、よろしくおねがいします。


ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...