BLOG

2016.03.28 /

お花見気分のサクラの無垢材

寒いけど春だからエアコンを切って、仕事してます。

季節感を無視してダウンジャケットを着ておりますが、

寒くて思わず、

「春なのに お別れですか 春なのに 涙がこぼれます

 春なのに 春なのに ため息 またひとつ[E:#x1F3B6]」

と、中島みゆきの春うたをくち部さんでしまいそうですが、

この寒さのおかげで、ラッキーなことに今年の桜は長く楽しめそうです。

Img_2323

リノベーションによく使用する建材で「サクラ」の無垢材があります。

僕らは主に床材として使うことが多いですね。

そもそも、お花見の際に皆様が良く目にする桜は

「ソメイヨシノ」が多いですが、この「ソメイヨシノ」は園芸種であり、

観賞用に植えられたものがほとんどです。

そのため、製材されて家具などに使われることは滅多にありません。

Engawat_mg_1769mg

では、無垢材のサクラとは?

主に「カバザクラ」などのサクラ材がフローリングや家具類に使われます。

こちらは、流通量も多く、特にフローリングではよく使用されます。

実は、これらのサクラ材は、カバノキ科に属していて、

シラカバなどと同じ種類になります。

さきほど紹介した「ソメイヨシノ」とは種類が異なります。

その昔、産出量が多かったカバ材を「ヤマザクラ」の代用として使ったことから

「カバザクラ」などと呼ぶようになったとされ、

その慣習が今でも続いているようです。

西洋でバーチとも呼ばれております。

回転寿司で「オキメダイ」を「タイ」と評して回しているのと同じです。

実と利をわきまえた日本人のワビサビですね。

A0ccc83b

カバサクラはカバサクラで、とっても魅力的な材です。

淡いピンク色の赤身と白い部分の2つの色味が楽しめる材です。

肌触りも滑らかで、個人的には非常に好きな材です。

僕らのオフィスでも「幅広カバサクラ/リボス仕上げ」を使用しております。

Hakutoimg_0156e1434616446700

カバはカバノキ科、さくらはバラ科、

そんなジェネリックなマテリアルは許せぬ!

とう方にオススメは「アメリカンブラックチェリー」です。

高級家具の材料として、古くからヨーロッパに輸出されてきた素材。

きめ細かく、どこまでもなめらかな手触りで

フローリングとして使うのはまさに贅沢そのものです。

Img_2323_2

今週はBLDG64(僕らのビル)でもスタッフ&入居者の皆様と

ほっこりなサクラの宴も予定しております。

やっぱり春はワクワクですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リノベエステイト「セミナー&イベント」

http://re-estate.net/event/

リノベエステイト「公式HP」

http://www.re-estate.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...