WORKS

アアルトの照明BeehiveがLDKのアクセント
50代夫婦のためのマンションリノベ

場所
福岡市城南区
用途
集合住宅
人数
夫婦
構造
RC 3階/6階
面積
69.3㎡(21坪)
建築年月日
1994年8月
リノベ年月日
2019年9月
趣味
スキューバダイビング
職業
H・W/会社員
  • 築26年の3LDKファミリー向けマンションを、1LDK+WICへとフルリノベーション。アクティブシニア夫婦の二人暮らしに適した住まいのあり方を考えた。基本性能の向上を目指し、内窓の配置、断熱改修を行い、暮らしやすく低燃費なリノベーションとしている。
    二人が寛ぐLDKは広がりのある大空間。アウトドア系の趣味のあるご夫婦ということもあり、寝室を囲った壁面はアガチスの無垢材を貼ることにより、LDKに小屋が存在するようなチャーミングなデザインとしている。

  • 二人でも作業しやすいオーダーメードキッチンはkitchenhouse製。

  • 寝室兼書斎。

    8畳と広めに確保、書斎コーナーの内窓からはLDKの気配を感じることができる。書斎のカウンターのリビングに面する壁面は室内ガラス窓とし、木製ブラインドを配置、寝室と書斎空間とリビングを状況に応じて閉じたり開いたりする仕掛けを設けている。
    ウィズコロナの社会では、テレワークをする機会も増える中で、住宅の中にワークスペースを確保することはこれからの住宅の課題である。

  • スキューバーダイビングなど多趣味なアクティブシニアのため、玄関直結の大収納が必要だった。玄関から寝室に抜ける裏動線とWICを配置した。

  • フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルトの照明「Beehive」がリビングのポイント。

    タイトルの「ビーハイブの家」の由来である。スリットから溢れる光が、LDKに使用している「コンクリート」「タイル」「モルタル」「ナラ材」等の様々なテクスチャに馴染んでいる。
    これらの素材が年月を重ねエイジングし魅力が増していき、穏やかな時間の流れる巣になることを願っている。

Before / After

Before
After

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...