WORKS

間仕切りを取っ払った一体型LDK
キッチンから臨めるバルコニー越しの夜景

築28年のマンションリノベ。室内向きのキッチンをルーフバルコニー側に向きを変え、リビング側の間仕切りを取っ払った。内と外との一体感のあるダイナミックなLDK空間となった。天井はラフなコンクリート打放し仕上げ。

場所
福岡市東区
用途
集合住宅
人数
夫婦
構造
RC 9階/10階
面積
85.42㎡(25.8坪)
建築年月日
1992年3月
リノベ年月日
2019年4月
趣味
ブックコレクター・インテリア収集
職業
H/印刷会社勤務 W/会社員
  • 築28年の4LDKファミリー向けマンションを、1LDK+WICとフルリノベーション。30代夫婦と子どもの3人暮らしに適した住まいのあり方を考えた。この住居の最大の特徴である大型のルーフバルコニーがあるが、もともとの間取りではLDKに面しておらず暮らしとの繋がりが薄かった。

  • レイアウトを大きく変更し、この住居の最大の特徴である大型のルーフバルコニーとLDKとの繋がりを再構築した。

    基本性能の向上を目指し、内窓の配置、断熱改修を行い、暮らしやすく低燃費なリノベーションとしている。

  • キッチン横にダイニングテーブルを配置。料理、配膳、片付けがスムーズに。

  • 家事動線の良いオーダーメードのアイランドキッチンはkitchenhouse製。

    ルーフバルコニーとLDKとの繋がりを再構築したことによりルーフバルコニーが屋外LDKと昇華、アウトドアライフが満喫できる空間となっている。

  • 北欧家具がよく似合う空間に。

  • LDKの一部は将来間仕切ることで子供部屋として使用予定。

    ウィズコロナの社会ではテレワークをする機会も増える中で、住宅のパーソナルスペースを確保することはこれからの住宅の課題である。現時点では子どもは幼児であるため、あえて子ども部屋はない。しかし将来はLDKの一部に子供部屋が確保できるようプランニングしている。ライフステージに応じて間取りを変えていくことは、人の暮らし、人生に寄り添うリノベーションであると考えている。

  • キッチンに隣接した妻の家事室。

    無駄に広かった既存の玄関や廊下を圧縮することにより、妻には家事室、夫には書斎とお互いのパーソナルスペースも確保している。

  • 夫の書斎。

  • 共働きの夫婦のためにメイン動線とは別に、「エントランス→ランドリールーム→脱衣所→家事室→キッチン」という家事動線を配置し、暮らしやすいレイアウトを創り出した。

  • 土間でつながる玄関横のランドリールーム。

  • 広々としたルーフバルコニーからは美しい夕日を望む。

Before / After

Before
After

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...