WORKS

ワッフルの形をした天井リビング
木仕上げの床や扉とうまくマッチ

遮音性・断熱性に優れたワッフルスラブ構造を活かしたマンションリノベ。白い壁を基調として、床は木をメインとして、一部をタイル仕上げとしている。愛煙家であるご主人の書斎は、専用の換気扇を設置し、完全分煙されている。

場所
福岡市中央区
用途
集合住宅
人数
夫婦
構造
SRC 11階
面積
72.37㎡(21.9坪)
建築年月日
1999年7月
リノベ年月日
2019年3月
趣味
温泉ソムリエ
職業
H/投資家 W/専業主婦

Before / After

Before
After

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...