BLOG

2022.06.05 /

【現場ブログ/福岡市中央区 H邸】






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
30代共働きのご夫婦と小さなお子様の三人暮らし。薬院大通り駅徒歩4分、生活至便な場所に建つ築37年のマンションリノベーション。

都心に位置する延べ床面積は109㎡。2階層からなるメゾネットタイプで、しかも大きなルーフバルコニーがあり、マンションの中でもオンリーワンの間取りのペントハウス的な上質なスペックである。にもかかわらず効率的に基準階を積み上げの設計がなされた残念なプランニングで、上質なルーフバルコニーが、なぜか小さな一つのベッドルームに不自然に配置されていた。

リノベーションで間取りを大きく配置転換を計った。玄関のある下階にあったLDKを、ルーフバルコーにある上階に移動させ、ベッドルームを下階に配置した。三人の家族が暮らしやすい、2LDKWICとミニマルな間取りとしているが、将来のことも考慮し広めのベッドルームが分割できるようにしている。

 

 

物件データ

所在地:福岡市中央区薬院 種別:マンション 専有面積:108.88㎡ 建築年:1985年5月

before

福岡市中央区薬院、1985年建築、築37年の10階建てマンションの7,8階部分メゾネットタイプ。広々ルーフバルコニー付き。

2022/2/19 現場の解体が始まりました

解体作業中の現場です。配管が顕になってきました。 共用部の養生もしっかりとしています。

2022/3/8 現場下打ち合わせ

現場監督、大工、電気設備などの職人さん達と下打ち合わせ。メゾネットの物件のため、配線を上下階に連結する等難易度の高い工事となります。

2022/3/19 オーナー様との現場定例会

メゾネットの二階部分の床が貼られました。 これから、断熱材を壁や天井に設置していきます。一階部分は、まだ資材置き場として使っています。

2022/4/13 現場打ち合わせ。

断熱材がほぼ設置完了しました。断熱材、二重窓の設置等の断熱性能の向上は、リノベエステイトの標準仕様になっています。お引渡し後の快適な暮らしのために、見えない部分にもしっかりとこだわって施工しています。ユニットバスの設置も完了。細かい寸法を大工と設計士で微調整しました。

2022/4/23・24 工事現場見学会開催

オーナー様のご厚意で、工事現場見学会を開催しました。今回は工事中の現場ということもあり、安全面に配慮して一組ずつのご案内だったため、お客様とゆっくりとお話させていただくことができました。
断熱材を壁内側いっぱいに取り付けた現場は圧巻。タイル工事や無垢の床材の貼り付け途中で、まさに現場進行中といったところ。完成の際には完成見学会も実施させて頂く予定です。
工事中の現場と、完成後のお住まいを時系列で両方を見ていただけるのは大変貴重な機会ですので、オーナー様には心より感謝いたします。

2022/4/30 現場定例会

間仕切り壁がほぼ完成し、部屋のかたちがみえてきました。床も貼られています。壁紙、壁塗装、タイルの仕上げの確認をオーナー様と。

オーナー様セレクトの真鍮製のトイレットペーパーホルダーは「千葉工作所」より取り寄せたもの。経年変化による独特の味わいを楽しめる素材です。

2022/5/17 現場の様子

大工さんの追い込み作業真っ只中の現場です。来月末には完成見学会も予定していますので、決まり次第お知らせいたします!

2022/5/25 絶賛仕上げ工事中〜タイル工事〜

タイル工事も順調です。このお住まいのポイントでもある、グリーンのくすみカラーのタイル。タイル職人さんの手で、キッチンからリビング・ダイニングに続けてのびやかに貼られていきます。完成見学会に向けて、絶賛仕上げ工事中!

いよいよです!完成見学会

2022/6/5 リノベーション完成見学会

久しぶりにまとまった雨の日曜日となりましたが、今回は13組のお客様にご参加いただき、大盛況でした。
都心駅近でありながら静かな住環境という立地で、延床面積109平米のメゾネットタイプ+大きなルーフバルコニー付きのこちらの物件。暮らしに合わせて間取り変更も大胆に行い、オーナー様のセンスを各所にたくさん詰め込んだ、リノベーションならではのお住まいとなりました。
グレーの空間に、ポイントで優しいカラーを採用。タイルや真鍮などのパーツ、アーチのエントランスなど、部屋全体に漂う、優しくどこか懐かしい雰囲気が女性のお客様にも好評でした。
足元の悪い中お越し下さったお客様、快く見学会のご了承をいただきましたオーナー様に心より感謝申し上げます。

Loading...