BLOG

2010.09.13 /

良い物件の条件

最近の週末は物件案内ラッシュです。 日本の不動産の空室率を全部合わせると13.1%。 福岡県は、13.7%。 僕らが強いエリアの中央区で15.5%。南区で15.3%。 全空き家が約4万件。(賃貸住居含む) 賃貸物件を除くと約1万件。 ちなみに「ホームズ」のHPから算出したザックリ計算です。 http://toushi.homes.co.jp/owner/ 実際こんな状況で新築が本当に必要かどうかは、 別の議論として、これが現実です。 この中から、お客様にピタ〜ッとあったリノベの原石となる 上物物件を探すとこから、リノベーションはスタートします。 1 一年前にお引き渡しした「ルーバルの家」の取材に行ってきました。 ここは、物件がいいですね。 高宮駅の直ぐそばにも関わらず、どーんと抜けた眺望は、 物件の高いポテンシャルでした。 ヨーロッパのヴィンテージ家具とともに お子様のオモチャと入り交じっておりました。 とっても落ち着く「上質感と生活感」のコラボレーションです。 広いバルコニーは今年の夏は暑すぎてあまり活躍しなかったそうですが、 秋になったらここでBBQですね。 2 そして、その後は新たなお客様の物件案内。 丘の上のヴィンテージ物件です。 3 眺望は天空の城ラピュタ並み。 面積は約100平米。 資金計画では、リノベしても現在の家賃をちょこっと上回るくらい。 予算的にもなんとかなりそうです。 4 良い物件の条件は、お客様一人一人で違います。 正解はありません。 というか、家族の数だけ正解があるんでしょうね。 そんな、オンリーワンのいい物件とお客様のランデブーを サポートできたとは、僕らもワクワクします。 5 なんて、しみじみ感じた週末でした。

ショールームへのお申し込み

リノベーション専属のコーディネーターが
様々なアドバイスをさせていただきます。

Loading...